飼育方法

たくさん産まれすぎて負担になる!ハムスターの繫殖には注意を

1回の出産で4~8匹うまれてくる 一般家庭での繁殖はオススメしません。 ハムスターはネズミです。このため、4~8匹ほどの子ハムスターが1回の出産で誕生し、しかも妊娠期間は1か月程度とかなり短いのも特徴。 もし仲のいいメス…

ハムスターの肥満は可愛く見えても実は危険

メタボが引き起こす悲劇 人間の生活習慣病のひとつに、メタボリックシンドロームがあります。簡単で分かりやすく言うと、肥満ですね。 この肥満、実はハムスターにもしっかり存在しているのです。 肥満体系のハムスターはまるまるとし…

簡単だから、飼いやすい!ハムスターのしつけは、トイレだけ。

ハムスターの飼育の中で、必要なしつけはさほど多くありません というのも、小柄で基本的にケージの中で生活するため、犬のようにあちこちで暴れまわったりする心配が少ないためです。 こういったしつけがあまり必要ないという点も、ハ…

”命について考える”ハムスターを飼うことで学べる子どもの情操教育

まだ幼いお子様がハムスターを飼う場合は注意が必要です。 子供は加減を知らない ハムスターを飼うにあたり、なによりも注意しなければいけないのは幼い子供です! お子さんがいらっしゃる家庭であればお分かりのとおり、子供は加減を…

ハムスターに与えてはいけないエサと下痢に関する注意のまとめ

  基本的に市販のエサ以外はあげないようにしましょう 植物には毒がある 植物の中には、微量ながら毒性を持ったものがあります。人間にとってはたいしたことのないものであっても、小さなハムスターにとっては致命的な場合もあります…

ハムスターの日常的な飼育・定期的なお世話、季節によるお手入れ

ハムスターをはじめとして、生き物を飼うということはその命を預かり、幸せな生活を送らせてあげる義務があります。そのために、飼い主は毎日適切な飼育を行い、ペットたちが常に清潔で安全、かつ快適な環境で生きていくことができる状態…

ハムスターの寿命と、死、そして死後の対応

ハムスターも歳をとれば体が衰えていきます。 これは人間と同じですね。わたしたちも歳を重ねるにつれて体が思うように動かなくなったり、内臓器官に不具合が生じてしまうことも増えていきます。 ハムスターの老化がもっとも顕著にわか…

おでぶにさせない正しいハムスターへのエサの与え方

雑食なハムスター ハムスターはネズミの例にもれず、雑食性です。 果物や野菜ばかり食べているイメージを持っている方も多いですが、そんなことはありません。野生種であれば穀物や野菜などのほか、虫やミールワームなども食べるなど、…

ハムスターはメスの方が凶暴!オスで1匹飼いがオススメです。

どんな動物でもそうかもしれませんが、ハムスターもオスよりメスのほうが強いです。 その気性の荒さは子孫を残すために重要なポイントとなっているのですが、狭いケージの中でメス同士を飼うと、最悪の場合は殺し合いに発展してしまうこ…

ケージから出さない方が良い!ハムスターの適度な運動について

ケージの中で暮らすハムスターにとって、運動不足は非常に大きな問題です。外敵もおらず、エサも飼い主から与えられる環境の中にあっては、ハムスターも危機感がなくなって運動をしなくなってしまいます。運動不足は肥満や病気の原因にな…

12