たまにお散歩させてあげるとハムスターのストレス解消になる!

たまにお散歩させてあげるとハムスターのストレス解消になる!

散歩は本当に必要?

ハムスターの散歩は、よくマンガなどでネタにされていますよね。

この散歩ですが、実は必ずしも必要でないことがあります。

そもそもハムスター、特にゴールデンの場合はなわばり確認のために行うことがほとんど。ケージが十分に広く、かつストレスなく生活しているハムスターには、散歩の重要性はさほど高くありません。

ゲージから出たそうな感じのときは散歩をさせる

とはいえ、好奇心旺盛な性格だったり、あるいはちょっとストレスがたまっていて外に出たいそぶりを見せているときは、散歩に出してあげましょう。

ゲージから出たそうな感じのときは散歩をさせる

ケージより広いダンボールに箱やトイレットペーパーの芯、ティッシュなどを入れると喜びます。

散歩の際は特に構う必要もなく、30分~1時間ほど自由にさせてあげてください。

ちなみに、ここでいう散歩は、あくまでも「室内」のことです。

オススメの散歩用アイテム

プチサークル

ジャンガリアンのプチサークル

円形組立サイズ:約径55×高さ23cm。ケージのお掃除のタイミングなどでも遊ばせてあげるととっても喜ぶのでオススメですよ!

ジャンガリアンハムスター用なので小さめ。

ジョイントサークル

ハムスター ジョイントサークル ハムスター用サークル

サイズ:31.9 x 29.9 x 5.6 cm。結構大きいのでゴールデンハムスターでもばっちり!

ジョイントをくっつけることができるので便利です。

絶対に外に連れ出してはいけません。屋外はハムスターにとってすべてが危険。ストレスをいたずらに増やしてしまいかねないので、散歩は部屋の中だけにしましょう。

うちのハムちゃんはゲージから出たすぎて?入り口を自力でこじ開けてました。笑

ゲージから出たいポーズ↓↓

部屋の中でハムスターを散歩させるとき、注意したいのは3つ。

ナイフなど危険性の高い障害物が落ちていないか。小さな子供や猫、犬などがほかにいないか。そしてタンスの隙間などがないかということです。

障害物は当然けがの原因になってしまいますし、猫はもってのほかです。

小さな子供も場合によっては散歩中のハムスターを踏みつぶすことがあります。

タンスの隙間などは、そこに潜り込んで出てこなくなってしまうことがあるためです。もし隙間があるのなら、ほんなどでカバーしておきましょう。