ハムスターの肥満は可愛く見えても実は危険

hamchucom-metabo-ham-dangerous-main

メタボが引き起こす悲劇

人間の生活習慣病のひとつに、メタボリックシンドロームがあります。簡単で分かりやすく言うと、肥満ですね。

この肥満、実はハムスターにもしっかり存在しているのです。

肥満体系のハムスターはまるまるとしていてかわいらしく、人間がただ見るだけであれば天使のようにも見えます。ですが、この肥満はハムスターにとってなんのメリットもありません。

肥満になることで運動不足になり、体力が低下して病気にかかりやすくなってしまうのです。もちろん、人間と同じように肝臓病などの原因にもなってしまいます。

寿命を縮めてしまう理由としてはもっとも一般的なものなので、この肥満には飼い主の責任として十分注意を払わなければいけません。

エサの与えすぎ、あるいは与え方の間違いが肥満の原因

大量のエサを与えてしまえば当然太りやすくなりますよね。

また、脂肪の多く含まれている種子、たとえばひまわりの種を毎日与え続けた場合、肥満になる可能性が格段に上昇します。

ひまわりの種は少量を数日おきに与える、エサの量はハムスターの体格を考えながら調整していくなど、飼い主は飼育に際して毎日観察をしていきましょう。